Monday, 17 September 2018

ビーガン・ヴィーガン・Vegan

夫はある日、言いました。

「近頃イギリスで流行のヴィーガンなるものを、僕も試してみようと思う。」

お前は土佐日記の作者か!

と突っ込みたくなったのは、置いといて。

ヴィーガン。ビーガン。Vegan。

良く耳にしますが、ヴィーガンとは、正確にはなんぞや?
まずはググッてみました。

はてなキーワードより抜粋
~~~~~~~~~~~~
ビーガンとは、絶対菜食主義者・純粋菜食主義者のことである。いわゆるベジタリアン(菜食主義者)と混同される事が多いが、卵や乳製品を食べるのに対し、ビーガンは、それらも一切口にしない。さらに、洋服、靴や鞄などにおいても、毛皮および皮革、ウール、シルクなど動物を使用した製品の一切を拒む人々もいる。代用品として、アクリル、綿、麻、レーヨン、ポリエステルなどが用いられる。
~~~~~~~~~~~~

つまり簡単に言いますと、ヴィーガンとはベジタリアンの一種で、
より厳しいバージョンのベジタリアンですな。

アニマルプロダクトを拒むというのが基本なのですが、
ベジタリアンとの違いは、卵や乳製品、ウールなど、
動物を直接殺してはいないアニマルプロダクトも拒むという事です。

それは何故なのか。

なぜなら、確かに殺してはいないけれども、それらを生産する為に
動物を虐待、あるいは動物から搾取しているからです。

例えば牛乳。

牛乳を生産するために、牝牛を常に妊娠状態にして
不自然な環境に押し込めて飼育する。これは虐待です。

そもそも、牛のミルクは、そもそも子牛の為のものであり、
人間のものではありません。
それを人間が横からかすめとるのは、すなわち搾取です。

そして、はちみつもダメ。
せっかく蜂が集めてきた蜜を横取りしてはいけません。

ヴィーガンの人達にも色々な考え方の人たちがいて、
全員が全員同じ考えとは言えないのですが、大筋はこんな感じだと思います。


それでは、そもそも何故アニマルプロダクトを拒むのか?
という話になると、これもまた、人によって様々な思想があると思います。

宗教的な背景の人たちもいれば、健康上の問題の人もいるでしょう。

うちの夫(ミャンマー人)の様に、地球の人口増加による食糧危機を
心配している人もいます。
夫のヴィーガン化理由については、又の機会に記事にしようと思います。

私自身はヴィーガンにはなっておりませんが、
夫につられて、かなりベジタリアンな生活を送っています。

魚は食べるし、乳製品や卵も時々食べるので、
ペスコ・ベジタリアン(pesco-vegetarian)もしくはペスキタリアンという感じ。
(肉類は避けるが魚介類、乳製品、卵は摂取する人。)

ちなみに、ヴィーガンにとって最悪のダメダメ食材はフォアグラです。
これだけは、逆立ちしても受け容れられない。
我々夫婦は、フォアグラは今後一切口にする事はないと思います。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Monday, 10 September 2018

野菜たっぷり具沢山のお味噌汁教

ワタクシ最近思うのですが、日本には、
「野菜たっぷり具沢山のお味噌汁教」という宗教が存在するのではないでしょうか?

この宗教は、「やっぱり自炊が一番教」の一派であり

信者の属性としては、

ー 料理上手(もしくは自称料理上手)
ー 女性(専業主婦、兼業主婦、独身問わず)
ー 「やっぱり自炊が一番教」の信者
ー 食べるものが身体を作ると、外食しないのに食費は高め
ー 冷え性(ワタクシの想像)
ー さつま芋が好き 
ー お味噌汁だけで栄養バランスがとれてるし、おかずにもなるとご満悦

という感じの特徴が見られるかと思います。

教祖様は、カリスマ主婦料理研究家、もしくは、
某レシピサイト「クッ○クパッド」で話題のレシピの投稿者。



なぜこんなに嫌味ったらしい書き方をするかというと、
何を隠そう、ワタクシ、野菜たっぷり具沢山のお味噌汁、
あんまり好きではないのです。
特にキャベツとかジャガイモとかサツマイモが入ったお味噌汁が苦手で、
どちらかと言うと、具が少なめが好み。

なんとなく、具が少ないお味噌汁のほうが、粋な感じがするんですよねえ。
なんでなのかなあ。
私自身が、けっこう外食が好きだからかもしれません。
外食で出てくるお味噌汁って、具が少なめのが多いでしょう?

そう思って考えてみると、外食と言っても、
玄米とか五穀米を使った自然食のお店とかにも興味がない。
せっかく外食するなら、思いっきり不健康に、
串かつとビールが良いのです。

だから、健康の為に野菜たっぷりの食べるお味噌汁って言われても、ピンとこない。

うちの夫は日本人じゃないから、お味噌汁について特にポリシーはないけど、
なんとなく、具は少なめの方が好きみたい。

彼の場合は、スープはスープとして飲むもので、
食べるものではないという感じかなあ。

これがまた、ミネストローネとかになれば、具沢山でOKなんですがね。

そうか。分かったぞ。

私が、「野菜たっぷり具沢山のお味噌汁」が好きでない理由。

「野菜たっぷり具沢山のお味噌汁」はお味噌汁ではないと思うからです。

野菜の味噌スープ煮とか、味噌味の野菜チャウダーとでも呼んでもらえたら、
お味噌汁とは別物だと思ってそれはそれで楽しめると思う。

なんか、いつも作るお味噌汁に野菜を沢山入れるだけで、
健康的で、お腹が一杯になって、一石三鳥!
私って賢い主婦!
見たいな押し付けがましい感じが嫌いなのです。

ああ、どうやっても批判的になってしまう。
天邪鬼なんですねえ。わたし。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Saturday, 8 September 2018

関西空港が大変な事になってます

25年に1度の台風と言われる台風21号。
ちなみに、英語のニュースでは、Jebi と呼ばれています。

この、25年に1度の台風によって、
50年に1度の高潮よりも高い高潮が引き起こされ、
関西国際空港(関空)の滑走路に海水が流れ込み、
またまた運悪く、近くに停泊していたタンカーが流されて、
関空と本州をつなぐ連絡橋に衝突。
連絡橋まで破損してしまいました。

関空、踏まれたり蹴られたりです。
本当は踏んだり蹴ったりと言う日本語が正しいはずですが、
踏まれたり蹴られたりの方が、この気持ちをよりよく表現できるような気がする。

そんなこんなで、結局、8000人もの人たちが、
関空の島に立往生となってしまったのですね。

2日目で、これらの人々を無事救出した関西エアポートさん、
すごいと思います。

もしヨーロッパで同じような事が起こってしまったら、
救出にはもっと時間がかかったのではないでしょうか?

さすが日本。
タンカー衝突なんて、全く想定外だと思うので、
訓練もしてなかったと思いますが、
まあ、他のシチュエーションを想定して
しっかりと訓練が行われていたのでしょう。

自分自身も空港島に閉じ込められた状態であるにもかかわらず、
旅客の対応をされたスタッフの方々には頭が下がります。

そんな中で、インターネットなどでチラホラ見かけるコメント。

「なぜ台風が接近しているのに空港に行ったのか?」
「そんな状況で空港に行ったのだから、これは自己責任ではないのか?」

これらのコメントを見て思ったのは、
「日本人って、自己責任って言葉が好きでだなあ。」

私、関西人として、今まで何度も関空にお世話になっている身として、
当日、空港に行っていた旅行客の行動について
ここで弁解させていただきます。

関空って、あの連絡橋しか交通手段がないんです。
そして、普段は自家用車やバスで行く人はどちらかと言うと少数派で、
過半数の方々は鉄道で行くと思うのです。

でも鉄道って、橋が風で揺れるのに弱いんですよね。
なので、結構すぐに鉄道は不通になってしまう。

飛行機は発着できる程度の風でも、橋は鉄道では渡れなくなっちゃうんですよ。
そうなった場合、代替バスに乗り換えて橋を渡る事になるので、
普段より時間がかかります。

でも、飛行機は飛ぶかもなので、早めに空港入りしておこうってなるんですね。

そしてもう一つ、台風が直撃した場合、国内線は欠航になりますが、
国際線は、遅れても根性で飛ぶ事が多々あるのです。

一番風雨が強い時間が過ぎるのを待って飛ぶのです。
だって国際線の場合、離陸さえしてしまえば、あとは台風を避けて
ぐんぐん高度を上げてしまえば、もう台風は関係ありません。

でも、飛行機が離陸できる程度の風になっても、橋は鉄道は不通状態です。
それから代替バスで空港に向かってたのでは、飛行機に乗り遅れます。

と言うわけで、関空ユーザーは、台風時は早めに空港入りする傾向にあるのですよ。

今回だって、高潮で滑走路が洪水にならなかったら、
遅れてでも国際線飛ばしてたと思うし。

なので、本当に想定外な事がダブルで起こってしまったのですね。

私も、近々一時帰国を予定していて、もちろん関空発着なのですが、
今回ばかりは、運を天に任せて、慌てないで様子を見ようと思います。

あああ。無事一時帰国できますように。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Wednesday, 5 September 2018

Rule the World

イラストレーター、ナカニシマナティーさんの
自主制作キャラクターであるピータン

今月のテーマは天体観測です。
ちょっと目がレンズにあたってますが、ピータンだから大丈夫。


Yeah, you and me, we can ride on a star
If you stay with me, girl
We can rule the world



古い歌ですが、Take That の Rule the World の歌詞を思い出しました。

ベタなんですが、結構、好きなんです。

Take That というか、Robbie Williams が好き。
そういう年頃なんです。






Wednesday, 29 August 2018

女子力という言葉とサラダ取り分け女について。

女子力という言葉、誰が作ったんでしょうか。
不思議な言葉ですね。

用法としては、お料理が上手だったり、さりげなくオシャレだったりすると、
女子力が「高い」らしい。
強い弱いではなく、高い低いで計るのですね。
そこら辺りは、学力と似た感じで使われていますね

では、どのような意味で使われているのか見てみると、
文脈からは、「女子力高い」というのは、女性らしかったり、
可愛らしかったり、といった意味で使われているような気がします。

さてこの「女子力」という言葉。英語で表現するとどうなるか?
こういった流行り言葉に英語訳は、ググッてみるのが一番です。

すると、直訳してWomen's Power とかGirls' Power とするのは間違いで、
全然反対の意味になってしまうから要注意!
というような記事をいくつも発見しました。

そうなんです。

「力」という文字が使われているので "Power" という訳語を選びがちですが、
「女子力」という言葉、"Power" という言葉が連想させる「強さ」とは、
あまり直接的には関係しない感じなんですね。

英語には、 Womanpower という言葉がありますが、
この言葉は、女性の持つ潜在的な能力や底力、または、
女性グループが社会などに与える影響力などを意味します。

この単語から連想される「力」は、「おしん」のように逆境に耐える忍耐強さや、
「アウン・サン・スー・チー」さんのような凛とした芯の強さ、
肝っ玉母さんの頼りになる底力など、「強さ」と結びつく「力」です。

しかし、「女子力」という言葉は、こういった「強さ」を意味しません。
むしろその逆で、女性らしい柔らかさや、優しさ、美しさ、可愛らしさを
計る尺度といった意味合いで使われているようなのです。

興味深いのは、この流行り言葉を仕掛けた人は、なぜそんな定義を持つ言葉に「力」という文字をぶちこんだのか?

私が思うに、現代日本の女性達にとって、
女性らしい柔らかさや、優しさ、美しさ、可愛らしさといったものは、
畢竟、女性としての強かさ(したたかさ)であり、
世の中を上手く渡っていくための武器なのではないのでしょうか?
だから、これらのレベルを計るための言葉を「力」という単語で表しているのでは
ないかと考えてしまうのです。

まあ、これは私の考えすぎかもねえ。
流行語を創るような人たちは、感性とかフィーリングで生きてるような気がするし。

そして、私の心はサラダ取分け女へと移行する。
なぜなら、この「女子力」という言葉について語る際に、
かなりの確率でサラダ取分け女が例に出されるからである。

(注)サラダ取分け女とは、グループでの食事の際に大皿のサラダが供された場合、
皆の為にサラダを取分ける女性の事です。

このサラダ取分け女、女子力が高いと一般的に言われているようですが、
私個人的には、納得できません。

なぜなら私、サラダ取分け女と相談女には、あまり賛成できないからです。

私、基本的にあまり他人に興味がないので、特に嫌いな人っていうのも
いないのですが、サラダ取分け女と相談女だけは、いただけない。

多分、世の中の一般的な女性の大部分は、サラダ取分け女と相談女が嫌いなはずです。

今回、相談女はあまり関係ないので置いといて、
サラダ取分け女について私の思う事を。

そもそも、サラダを取分けたら女性らしいっていうのが、理解できない。

大皿で提供された料理なんて、各自で好きなだけ取ればよいじゃない。
たくさん欲しい人もいれば、少しだけ欲しい人もいる。

それを、他人のお皿に取分けてあげるなんて、親切の押し付け以外の何モノでもない。

つまり、私にとってサラダ取分け女とは、他人に気遣いをできるどころか、
逆に他人を思いやることが出来ない、おせっかいおばさんお姉さんなのです。

そして、何よりも嫌なのは、自分がそのおせっかいおばさん=サラダ取分け女
という役割を期待されるという場面です。

私は、グループで食事に行って、料理が大皿で供されても
他人の為に料理を取分けると言うことは基本やりません。
隣の人が料理に手が届かないとか、そういう状況ならその人が料理を取るのを
手伝ったりはしますが、皆の分を取分けるなんて、そんな事は絶対にやりません。

そして、女性がそれをやらないと「気が利かない」と評価がさがるような
グループがあるとしたら、そんなグループ、熨斗つけて出てきます。

幸い、日本を離れてそろそろ17年、サラダ取分け女飲み会にも
もうかれこれ17年ほど出席しておりませんが、
もし今、ひょんな事でサラダ取分け女飲み会にうっかり出席してしまったら、
きっと暴れる。

(うそ。暴れない。大人しく与えられた料理を食べます。)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村


40歳代ランキング

Friday, 24 August 2018

ミリオネアとビリオネア

頃(2018年夏現在)、インターネット上で、
ZOZOTOWNの社長、前澤友作氏のお名前を頻繁に見かけるようになりました。

日本を離れて早や17年。

ZOZOTOWNが何かも知らない私ですが、
あまりにも話題になっているので、ついついググッてしまいました。

そしたら出てくる出てくる。色んな情報が。


SNSでも有名人で、Instagram や Twitter でも

色々話題を振りまいていらっしゃいますね。

私、Instagram はやってないので、Twitter でフォローしてしまいました。


何がすごいって、総資産が 3000億円とか4000億円とか5000億円とか。


どうやら、資産の大部分が保有株によるものなのか、

記事のタイミングの株価でかなり金額はぶれているのですが、
それでも、少なくとも2000億円はありそうです。

2000億円って言ったら、USD で約 $ 1.8 billion ですよ。


ビリオネアです。ビリオネア。


ミリオネアでもすごいのに、その1000倍のビリオネア!


でも実際の所、世の中を見渡してみると、ミリオネアっていうのは

結構そこら辺に、ちらほらといるんですよね。

もう一越えして、マルチミリオネア(数ミリオン/数億の資産がある人)も、

意外とその辺にいたりします。

それが、10ミリオン、50ミリオンと増えるにしたがって希少性が増し、

100ミリオン以上保有する人達ってのは、かなり希少価値があるのではないでしょうか。

お金持ちの象徴である、プライベートジェットの値段をググッてみたら、

3ミリオンから90ミリオンくらいと出てきました。

と言う事は、プライベートジェットを持ってる人達は、

大体、総資産100ミリオン以上くらいかと思います。

総資産10ミリオンでは、3ミリオンもするプライベートジェットは買わないと思うので。


というわけで、資産100ミリオンというのは、お金持ち度を測る際の、

一つの尺度だと思うのですが、それでもまだ、ビリオネアの10分の1です。

ビリオネアになるには、100ミリオン保有のお金持ちが

10人束になってかからないといけないのです。

つまり、それくらいビリオネアっていうのはすごい!


プライベートジェット買ったり、女性関係が派手だったりで、

結構ネットでたたかれている前澤友作氏ですが、
42歳で、そこまでの資産を築いた事には感服いたします。

彼の女性関係にはあまり興味が無いのでどうでも良いですが、

まあ、結婚しない主義っていうのは、ヨーロッパ男性には多いですし、
ちゃんとお金を渡してるなら良いではないかと思います。

そして、ビリオネアにとっては、プライベートジェットは

ちょっと良い車を買う程度の事だと思うので、
まあ、それも良いとは思うのです。

ただ、彼の巨額な資産の大部分が保有株からきているらしい事。

そして、かれの会社はいつまでこの快進撃を続けることが出来るかに、
少し興味があります。

私は利用した事がないのでよく知らないのですが、

ZOZOTOWNというのは、ファッションのオンライン通販 サイトで、
特に何か、新しいテクノロジーを開発したわけではなく
(ZOZOスーツってのはあるみたいですが)
IT関係とは言えども、圧倒的な技術力で勝負している、
Microsoft とかApple とかGoogleとかFacebook等とは、
ちょっと毛色が違うと思うのです。

どちらかというと、アイデアで勝負してる感じ?

となると、他社が追いつけ追い越せと頑張ってくるのを

どうやって蹴落としていくのでしょうか。

この先どうなるか興味があるので、いっちょ株でも買ってみたいのですが、

日本の居住者で無いので、日本の株どうやって買ったらよいかわからない。

残念。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ

Monday, 20 August 2018

ヤンゴンタクシー事情 2018

2018年は、2月と6月と2回もミャンマーに行きました。

2月はチャイニーズニューイヤー
6月は夫がマルコメ君になるためです。

ヤンゴンでは、公共の交通機関があまり便利でないため、
どうしても移動はタクシーに頼りがちになります。

新政権になってから、ヤンゴン内ではYBS (Yangon Bus System) という
新しいバスサービスが始まって、以前に比べたら格段に使いやすくなりましたが、
それでも、行きたい所になるべく早く到着する為には、
どうしてもタクシーのお世話になってしまうのです。

しかしそこで問題が。

つい数年前まで、バカ高い関税等をかけて、
車の輸入を厳しく規制していたミャンマー。

ここ数年で、一気に規制が緩和され、国内の車の数が急増しました。

ヤンゴンの交通渋滞を見ていただければ、
車の数の急増にインフラが追いついていないことは、簡単に見て取れます。

しかし!もっと大きな問題が!

実は、追いついていないのはインフラの整備だけではないのです。

運転経験の豊富なドライバーの数も追いついていない。

つまり、急増した車の数に併せて、若葉マークのドライバーが
大量に道路に繰り出しているのです。

友人の車に乗せてもらって、車窓から外を眺めていると、
周りの車の運転の下手さに驚きます。

まるで、マリオカートのような道路状況なのです。

しっかりシートベルトを着用し、手に汗握って乗っていないといけません。

まあ、友人の車の場合は、周りの道路状況がカオスなだけで、
ドライバー本人は運転が上手いのでまだましです。

問題は、タクシーです。

たぶん、タクシードライバーのライセンスも乱発したんでしょうかねえ。
タクシードライバーの質の当たりはずれがすごい。

道を知らないドライバーなんて、まだカワイイ方で、
問題は、運転がものすごく荒いドライバー(それでも上手ければまだまし)、
そして、運転がものすごく下手なドライバー。

2~3回、本当に死ぬかと思いました。

一度、無免許または免許取立てのボンクラ息子が、
お父さんの車を無断拝借してお小遣い稼ぎをしているのかと
思うようなタクシードライバーに遭遇してしまった事があります。

もう、心の教官ブレーキを踏みまくりです。

夫に、目的地につかなくてもいいから、ここでお金払って降りようよ~。

と、言おうと思って言い出せないでいる間に、目的地に到着しました。

我ながら、危ない橋を渡ったと思います。

皆さん、ヤンゴンでタクシーに乗られる機会がある方は、ご注意ください。

我々は、できるだけスマートフォンアプリの配車サービスを使っています。

そういった配車サービス、つまり、国際的にビジネスを行っている企業ならば、
登録の際にドライバーをふるいにかけて、ある程度の質を保っているのではないか、
という希望的観測によります。

以前は Uber とGrab が拮抗していたようですが、Uber は東南アジアの事業を
Grab に売却して撤退してしまったようですね。

なので、今は Grab の一人勝ちでしょうか。
中国系の同様のサービスもあるようですが、まだ試したことないです。

ミャンマー。
つっこみどころ満載で楽しいのですが、
タクシーだけは何とかして欲しいものです。


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミャンマーランキング