Tuesday, 18 February 2020

ウーハンウィルス

最近、新型肺炎、コロナウィルスが猛威をふるい、世界中の人々を不安に陥れています。

この新型コロナウィルス、流行の中心である中国政府は、自国民の国外への団体旅行を禁止、各国は中国行きのフライトをキャンセルしたり中国への渡航を控えたり。

また、春節休み明けの中国が、工場を再稼動できるのかも疑問です。

中国の工場の生産ラインがストップしてしまうとなると、芋づる式に、様々な工業製品の製造がストップしてしまいます。

iPhone とか iPhone とか iPhone とか。

まあ、iPhone くらいならば、少しのあいだバージョンアップするのをガマンすればよいわけですが、それ以外にも、様々な製品の供給がストップしてしまう可能性があるのです。

今現在、中国人が買い占めて品薄になっているマスクだって、メイドインチャイナが多いでしょう。

「買い占め」と「製造ストップ」のダブルパンチで、品薄になるのも納得です。

我々の生活が普段、どれだけメイドインチャイナの製品に頼っているかと言う事が、浮き彫りになることでしょう。

それだけではありません。

一時(バブル期)の日本人の様に、世界中を旅行して高価なブランド品をワサワサと購入していく中国人観光客の数か、最近めっきり減ってしまいました。

ヨーロッパの高級ブランドとか、けっこうな痛手なのではないでしょうかね。

何にせよ、世界人口の約20%を占める中国への輸出入がストップすることによる世界経済への打撃は、かなりのものだと思います。

下手したら、リーマンショックぐらいの経済的影響があるかもしれませんよね。

新型コロナウィルス。

しかしこの、新型コロナウィルス。

呼び方がなんとなくピンとこないんですよねえ。

SARSやMERSと同じ系統のコロナウィルスの新型という事で、新型コロナウィルスなんでしょうが、なんとなくパッとしない。

どうせなら、最初に感染者が発見されたの中国の都市、ウーハン(武漢)の名前をとって、「ウーハンウィルス」と呼んだ方が分かりやすいのに。

多分、差別になるからとな何とか、中国とウーハンに遠慮してるのかもしれませんね。

彗星とかみたいに、自分の名前をつけるのが名誉な感じのものではありませんので。

でも、死亡率は新型コロナウィルスよりも高かった「スペイン風邪」は、思いっきり国名を使ってます。

「ウーハンウィルス」って呼んだほうが、なんか切迫感が感じられて良いと思うんですがねえ。

ちなみに我が家では、もうすっかり「ウーハンウィルス」、もしくは略して「ウーハン」と呼んでいます。

世の中の人々って、変な所で変に遠慮するんだなあ。と思ったりするのです。

そうそう、それで思ったのが日本政府。

今回のウーハンウィルス問題では、日本政府は変な所で変な風に人権問題を持ち出しましたねえ。

ウーハンにチャーター機を飛ばして帰国させた日本国籍者のうち、二名が検査と隔離に同意せずに即日町に解き放たれて帰宅したと。

その理由がなんと、「人権問題があるから強制はできない」だと!

えええ。そ、そんな。

その二人の人権は守られるかもしれないけれど、周りの大多数の人権はどうなるの?

人権とは、自分の人権を主張する事はもちろん大切ですが、それと同時に、他の人の人権を尊重する事も大切です。

皆が皆、自分の人権だけを主張していてら、世の中回りません。
早く家に帰りたいという気持ちはわからないでもないですが、他の人の安全を守る為に、敢えてここは検査は受けて、一定期間の隔離に応じるべきだと思うのです。

そして、政府としても、一定条件下にある少数の個人の人権を守るために、その他大多数の人権(安全)を危険に晒すというのは、どう考えても理解しがたい。

そもそも、日産の元会長のゴーン氏が国外逃避した原因になった、彼の起訴問題の顛末を見ていても、日本って、そんなに人権を尊重してる国だと思わないのですが、なぜここで、変な風に人権問題を持ち出してくるのでしょうね。

我が国の政府ながら、よくわからない政府ですなあ。


40歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

Sunday, 16 February 2020

韓国ドラマの少女マンガっぷりに完敗 and 乾杯。

現在、我が家で流行るもの。

それは、コロナウィルスみたいな物騒なものではなく、

Crash Landing on You 
https://www.netflix.com/gb/title/81159258

ネットフリックスオリジナルシリーズの韓国ドラマです。

ワタシは今まで、あえて韓国ドラマは避けて生きていたのですが、ついに韓国ドラマが我が家に繁殖してしまったのです。

それというのも、夫(ミャンマー人)がテレビっ子なせい。

その理由については過去記事に記したことがあるのですが (https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2013/03/blog-post_20.html)、人生の途中からテレビへのアクセスをゲットした夫は、生まれた時からテレビが身の回りにあったワタシとは、テレビに対する情熱が違うのです。

そんな夫は、ネットフリックスも大好き。

これといったテレビ番組がない時は、ネットフリックスに切り替えて面白そうなものはないかと物色しています。

そんな夫が、今、Crash Landing on You  という韓国ドラマが、ネットフリックスで話題になっているらしいという情報を入手してきました。

夫:どういう経緯があってそうなるのかわからないけれど、韓国の女の子が、北朝鮮に紛れこんでしまうという話らしいよ。

ワタシ:えええ。北朝鮮!スパイドラマ?

夫:わからん。でも、主人公の男性がキュートだって評判だよ。見てみない?

ワタシ;ほう。キュートな主人公男性!見てみましょう!

という流れで、なんとなく見始めたところ、夫婦でハマってしまったのです。

なぜハマっているかと言いますと。

  • 主人公男性がキュート(ワタシ)
  • 北朝鮮の人々の生活ぶりがミャンマーの生活を彷彿とさせて、なんとなくノスタルジック(夫)
  • 主人公男性がすぐ泣く(夫が、これに対して非常に不満らしい。「こんなことで北朝鮮男子が務まるのか!」といつも文句を言いながら見てる。)

そしてなにより、このドラマ、少女マンガみたいなんです。

キャラクター設定といいストーリー展開といい。。

もう、まさに、30年くらい前の日本の少女マンガ。

「マーガレット」とかで、「あなたに緊急着陸💖」みたいなタイトルで連載されているんじゃないかと思うくらい。

このドラマのタイトルをググッてみると、ちらほらと「愛の不時着」という文字が出てきます。これが邦題なのかな。

確かに Crash Landing の日本語訳は不時着なので、「愛の不時着」の方が正しい訳だと思うのですが、、、なんか、「愛の不時着」だと、深刻な悲恋ドラマみたいな感じがしません?

まあ、まだ最後まで放送されていないので、どのようなエンディングになるかわからないし、最後は悲恋ドラマで終わるのかもしれませんが、今の所のストーリー展開とキャラクター設定では、「愛の不時着」というよりは、「あなたに緊急着陸💖」という感じです。

そしてワタシは思い出したのです。

昔、「冬のソナタ」という韓国ドラマが日本で流行った時、見た人が皆、口をそろえて、「少女マンガみたい」という感想の述べていた事を。

私は残念ながら、「冬のソナタ」は見逃したのですが、きっと、「冬のソナタ」もこんな感じやったんやろう。

いやあ。韓国ドラマの少女マンガっぷりに完敗 and  乾杯!


40歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

Friday, 14 February 2020

ビスケットとクッキー

夫(ミャンマー人)は、アメリカ系の会社に勤めています。

なので、会社のエライ人達は御本社様からきたアメリカ人。

英国での現地採用にも、アメリカ人がチラホラいるし、時にはアメリカからの出張者なども来ていたりして、事務所の中では、イギリス英語とアメリカ英語の静かな戦いが起こっているようです。

夫は、ミャンマー生まれのミャンマー育ち。英語はネイティブスピーカーではないのですが、なんて言ったって、ミャンマーは元英国植民地。子供の頃から習ってきた英語は、イギリス英語です。

おまけに、英国に、もうかれこれ20年くらい住んでいるので、彼は、この静かな戦争においては、イギリス英語側に属しているようです。

そして先日の、静かなイギリス英語VSアメリカ英語バトルの焦点は、「ビスケット」。

さすが英国です。

ビスケット。英国人が愛してやまないビスケット。

なにはともあれ、ビスケット。

英国人は、とりあえず、紅茶とビスケットを与えておけばハッピーなので、扱いやすい。

そんなビスケット。

イギリス英語で言うところの「ビスケット」は、アメリカ英語や日本で言うところの「クッキー」です。

イギリス英語の「クッキー」とは、大きくて少ししっとりしたクッキー。日本で言えば、カントリーマアムの大判みたいな感じでしょうか。日本だと、「ソフトクッキー」とか言いますかね。

多分アメリカ英語では、普通のサクサクとしたクッキー(英国ではビスケット)も、大きくて少ししっとりしたクッキーも、両方とも「クッキー」と呼ぶんだと思います。

この、「ビスケット」と「クッキー」の英米英語における定義の違いについて、英国人が納得できないわけですね。

アメリカ人は、「ビスケット」も「クッキー」も一緒にしてる!

英国人にとっては、ミソもクソも一緒にしてるように感じられるのでしょう。

ビスケットへのこだわりが興味深い。

そして、次に出てくる英国人の疑問は、

「ビスケット」も「クッキー」も、両方とも「クッキー」なら、ではアメリカで「ビスケット」は何を指すのか?

夫に聞かれ、ワタシも首を傾げました。

そういわれてみれば、そうやなあ。。。

。。。

あ!分かった!

ケンタッキーの「ビスケット」!

あの、スコーンのようでいてスコーンでもない、フワフワサクサクしていてシロップをかけて食べる物体は、ケンタッキーでは「ビスケット」と呼ばれています!

ケンタッキーは、めっちゃアメリカの文化ですからね。

そうか。アメリカでは、ああいうものを「ビスケット」と呼ぶのか。

紛らわしいなあ。


40歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村








Wednesday, 12 February 2020

四十肩(もしくは五十肩)が、治ったかも?

昨年の初夏くらいから、肩が痛くなり始めたワタシ。

そうこうしている内に、ついに、肩が上らなくなって、「ああ、これがかの有名な、四十肩(もしくは五十肩)というものなのねえ。」なんて、しみじみと自分の年齢を再認識していたのですが、先日、ある日突然、痛くなくなっている事に気が付きました!

痛い痛いと言いながらも、会社の上司からの、「四十肩はある日突然治る」という情報を信じ、じっとガマンでこの日を待っていたのです。

四十肩は、ある日突然治る?
https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2019/09/blog-post_6.html

苦節、約8ヶ月。

やっと、この日がやってきました!

本当、気が付いたら痛くなくなってるんですね。

この、四十肩(もしくは五十肩)というものは、どういう仕組みで起こっているものなんやろう。

不思議やなあ。

でも、まだまだ安心してはいられません。

上司情報によると、四十肩(もしくは五十肩)はある日突然治るけど、また痛くなるらしいのです。

上司Aは3回。上司Bは2回。

二人も経験者に語られてしまった日には、信じないわけにはいきません。

ああ。せっかく痛くなくなったのに、また痛くなる予定なのね。

つかの間の、肩が痛くない日々を楽しむ事といたします。


40歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

Monday, 10 February 2020

ヤンゴンぶらぶら街歩き

今年の春節ミャンマー里帰りは、夫(ミャンマー人)の有給休暇の都合もあり、約10日間と短い日程だったため、ミャンマー国内の他の町へは行かず、ずっとヤンゴンに滞在していました。

ミャンマーのガイドブックなどをみてみると、ヤンゴンは大きな街だけれども、シュエダゴンパゴダ以外には、これと言った観光名所はないと記載されています。

そうなんです。

ミャンマーは、圧倒的な知名度を誇る観光名所は田舎に多い。

田舎に行けば、トレッキングで自然を満喫するもよし、地元の少数民族の人たちと触れ合い、彼らの生活の様子を垣間見るもよし、いろいろ見所満載なのです。

それに比べると、ヤンゴンは、観光資源という意味では、田舎に負けていると思います。

これと言った見ものは、パゴダしかない。

他の国では、大都市の観光といえば美術館とか博物館ですが、夫(ミャンマー人)情報によると、ヤンゴンの美術館や博物館はパッとしない。
(あくまでも夫情報です。夫が行きたがらないので連れて行ってもらった事もなく、真偽のほどは定かではありません。)

でも、ヤンゴンにはヤンゴンの面白さがあります。

植民地時代のコロニアルな建物が、ろくに手入れもされずに、深刻にボロボロ状態になっているのは感慨深いし、ふと見上げたら、頭上の電線がスパゲッティーの様にからまっているのは刺激的です。

昼間の大通りの歩道は、いつも歩行者で一杯なのですが、自家用の発電機だか変電気だかわかりませんが、そこここに大きな金属の箱が歩道の真ん中に設置されていて、それがさらに歩行者の渋滞を引き起こしています。

そして何より、歩道のデコボコぶりがアッパレです。

普段から、あまり足元を見ずに歩くクセがあるワタシは、いつも、何かしらけつまづきながら、歩いています。

だって、日本や英国の道は平坦ですから、足元を見ずに歩いても転ぶ事は滅多にないんですよ。

でも、ヤンゴンの歩道は、山道なみに注意が必要。

そして、地面がデコボコなので、下手に転倒などしようものなら、けっこうダメージが大きそう。すり傷なんて作ってしまうと、そこからばい菌が入るかもしれないので、注意が必要。

つまづく度に、夫に、「また、上向いて歩いてる!ロンドンではそれで良いけど、ヤンゴンでは、ちゃんと下を見て歩かないとダメ!」と怒られながらの、ヤンゴンぶらぶら歩きです。

一生懸命足元確認しながら歩くなんて、、あんまり、ぶらぶら歩きっぽくないなあ。

さて、以前「多民族都市ヤンゴンの朝の風景」https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2019/05/blog-post_1.html

という記事で、ワタシのお気に入りのお散歩ルートについて書いたのですが、その中で、Merchant Road から18th Street に折れるとまっすぐ北に、シュエダゴンパゴダが見えると書きました。

~~~~~

ワタシのお気に入りの、ヤンゴンお散歩ルートは、
スーレーパゴダから河に向かって南下し、
河沿いの大通り Strand Road を右折。

西に向かって歩いていくと Merchant Road と合流します。

Merchant Road をさらに西に向けて歩いていくと、
右手に中華寺院があります。

その中華寺院のある角から 18th Street に折れると、
まっすぐ北に、シュエダゴンパゴダが見えるんです。

キレイに、スパッと見える。

中華寺院とシュエダゴンパゴダのコントラストが、
ミャンマーの懐の深さを感じさせるのです。

~~~~~

18th Street はよく通る道だけに、普段特に写真を撮る事がなく、この記事を書いた時には、手元に写真が無かったのですが、今回、初詣に行った時に証拠写真を撮ってきました。



ヤンゴン 18th Street から北方をのぞむ 

18th Street から北方をのぞむと、シュエダゴンパゴダがスカッと見えるんですよ。



ミャンマーランキング

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村