Saturday, 14 September 2019

How are you? という挨拶の返答に関する疑問。

How are you? の標準的な返答は、I'm fine, thank you. ですよね。

近頃の英会話教材では、「今時  I'm fine, thank you. なんて使う人はいない」なんてダメだしをしていますが、じゃあ、代わりになんて言うのが良いのかと読み進めてみると、 I'm good, thank you. とか、I'm OK. とかが提案されています。

そんな程度の違いは、この記事の文脈では関係ありません。

だって、I'm good, thank you. も I'm OK.も、基本、ポジティブな返答です。

この How are you? という質問って、いつも、ポジティブな回答が標準回答として期待されているような気がするのです。

ワタシの疑問は、例えば、病欠しようとに電話した時、電話にでた上司が How are you? と聞いてきた時に、それでもまだポジティブな返答をするべきなのか否か。

上司: How are you today?

ワタシ: I'm OK, thank you. How about you?

上司: I'm good. By the way, how can I help you?

ワタシ: Actually, I don't feel very well today, so can I take an off-sick?

って、変じゃないですか?

最初に I'm OK って言っておいて、off-sick (病欠)したいとは何事か!

ワタシが上司なら、ちゃぶ台ひっくり返したくなりますよ。

では、最初から正直に、How are you ? の返答として体調が悪い旨を伝えるというのは、英語的にアリなのか?

上司: How are you today?

ワタシ: Oh, actually, I don't feel very well today.  How about you?

上司: Oh I'm sorry to hear that. Do you think you should take a rest at home today?

ワタシ: Actually, that's why I phoned.. Can I take an off-sick?

まあまあ、スムーズに話は進みます予ねえ。

実は、「これは英語としてアリなのか?」と、一度、英国人上司に質問してみた事があるのです。

そしたら彼は、絶句してました。

そんで、はっきりした答えを言わず、ウヤムヤにされたのです。

ウキー!!(怒ってる)

というわけで、ワタシのこの疑問は永遠のナゾとなっているのです。

そんなに気になるなら、他の英国人にも聞いてみれば良いのですが、くだらなすぎて、いつも聞くのを忘れる。

こういうくだらない質問するのは、タイミングが大切なのです!

さて、ミャンマーでは挨拶として、「ご飯食べた?」という表現を使います。

これは、英語の How are you? とほぼ同義語のような感じで使われているのですが、この質問の標準回答は、「食べました」です。

でも、人に会うのは、いつも食後とは限らないし、食べてない時はどう言うの?

と、夫(ミャンマー人)に、電撃質問してみました。

ワタシ:ちょっと質問があるのですが。。。

夫:何?

ワタシ:ミャンマーでは、「ご飯食べた?」って挨拶するけど、そんで、標準回答は「食べました」みたいやけど、お腹すいてる時は、どう答えるの?

夫:基本的には、お腹すいてても「食べました」っていう。

ワタシ:ああ。英語の How are you?  みたいなもんなんやねえ。もし、すごくお腹へってて、「食べてない」って答えたらどうなるの?

夫:相手に、ご飯を準備されてしまうよ。

おおお!それはアブナイ!

ミャンマーでは、「ご飯食べた?」と聞かれたら、「食べました」と答えましょう。

うっかり「食べてない」と答えてしまうと、ご飯をご馳走になってしまう事になります。

さすが、ツッコミどころ満載の国、ミャンマー。

あなどってはいけません。

Friday, 13 September 2019

先生、鼻がつまってる時はどうしたら良いんですか?:ヴィパッサナー瞑想10日間コース(6)

先日、とうとう重い腰をあげて参加したヴィパッサナー瞑想10日間コース。

このコースでは、2つの瞑想テクニックを教えてもらいます。
2つの瞑想テクニック:ヴィパッサナー瞑想10日間コース(5)

10日間の練習の結果、ワタシとしては当分の間、最初に教わったテクニック、アナパナを練習する所存でございます。

さて、アナパナとはどういうものかと申しますと、自分の呼吸に意識を集中させるというテクニックです。

より具体的に言いますと、呼吸する際に鼻の穴の入り口を通過する空気の動きに意識を集中させるという、テクニックです。

口で息している人にとっては、大問題。

ワタシなど、花粉症の季節にはハダガツバッテシバッテ(鼻が詰まってしまって)、口で息するしかないんですが、そういう時は、どうしたら良いんでしょう?

花粉症の人は、瞑想できない?

ラッキーな事に、瞑想コースに参加した8月は、ワタシにとっての花粉症の季節ではなかったので、鼻呼吸が可能でした。

でも、花粉症の季節(春)になったらどうしたらよいんだろう。

花粉症の薬のんだら眠くなっちゃうし。

薬の影響下で瞑想してもOKなのかどうかも疑問だし。

この問題は、まだ解決していません。

ところで話は変わりますが、鼻の穴の入り口を通過する空気の動きを感じるって、さらっと言われましたが、これ、人によってはとても難しい事だと思うのです。

人によってというか、鼻の穴の形によって。

欧米人のような、すっきり鼻筋の通った、下手したらすぐに鼻毛が出てきてしまうような鼻の形の人は、多分そんなに難しくないと思います。

でも、ワタシのように、鼻が低くて鼻の穴の形がまるっこくて、鼻毛が出てこないようなタイプの人は、なかなか空気の動きが感じられない。。。

普段、鼻毛を切る必要がないのは助かりますが、瞑想するのには不便なのね。

夫(ミャンマー人)はその逆で、普段はうっかりしたら鼻毛がコンニチワしてしまうような鼻の穴の形をしているので、瞑想には苦労していない様子。

やっぱり、瞑想するように生まれついたヒトなんやなあ。

普段、鼻毛に悩まされているのも、きっと瞑想の為なんだよ。

先が尖ったハサミだと、怖くて鼻毛が切れないので、日本でワザワザ先が丸くなった鼻毛切り用のハサミを調達したりしましたが、それも、瞑想の為だったらしょうがないねえ。


ヴィパッサナー瞑想10日間コース
瞑想と四十肩(もしくは五十肩)
瞑想ハイ:ヴィパッサナー瞑想10日間コース(2)
周囲の反応:ヴィパッサナー瞑想10日間コース(3)
瞑想コーススケジュール:ヴィパッサナー瞑想10日間コース(4)
2つの瞑想テクニック:ヴィパッサナー瞑想10日間コース(5)
先生、鼻がつまってる時はどうしたら良いんですか?:ヴィパッサナー瞑想10日間コース(6)


40歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村



Wednesday, 11 September 2019

いくらがんばって瞑想しても、やっぱりワタシは普通のヒト。

夫(ミャンマー人)とケンカしてる時なんか。

瞑想中は、心穏やかになって、時々法話なんかも思い出したりして、(瞑想中に、法話を思い出すのは、雑念だと思うのですが、、、)

「そうやな、仏陀はあんな酷い目にあっても、怒らなかったんやから、ワタシもこんな事でカリカリしていてはいけない」

と、思うのですが、それは、瞑想で心が穏やかになっている間だけのこと。

瞑想が終わって、普通の生活に戻ると、途端に、

「ウキーーッ!!!」と、怒りがよみがえってくるのです。

まあ、凡人なんて、そんなもんですな。


Tuesday, 10 September 2019

残念。英議会下院のジョン・バーコウ議長が退任するらしいです。

英議会下院のジョン・バーコウ議長が10月中に退任する意向を明らかにしたと、ニュースで知りました。

残念です。

ところで、英議会下院の議長は、英国では Mr Speaker (ミスター・スピーカー)と呼ばれています。

国会中継をみていると、首相と影の首相の次くらい長い時間、テレビ画面に映っているので、ある意味、英国民のお茶の間のヒーローではないでしょうか。

英国の国会は、今、ゴチャゴチャやってるブレグジット関連の法案に関する採決とか、けっこう遅い時間にやっているのです。

大体、夫が会社から帰ってきてから、おもむろにテレビのチャンネルを合わせたら採決の真っ最中とか、もしくはもっと遅い時間(夜9時とか10時とか)という感じでしょうか。

なので、夕食前や夕食後、家族が団欒しているような時間帯に、テレビで国会中継がオンエアされるわけです。

なので、英国の国会中継は、日本の国会中継より視聴率高いと思う。

そんな中、彼は独特のキャラクターと、毅然とした態度で人気があったと思うんですよ。

時には、口汚くお互いを罵倒しあう国会議員を、ピシッとしかりつけて場と収める、学校の先生みたいな感じでしょうか?

英国の国会は、時々、学級崩壊した小学校の教室みたいになりますからね。

そんな彼が退任してしまうなんて、残念です。

あの、どうしようもない、自己顕示欲ばかりが強くて、ワガママで自分勝手な国会議員どもを、まとめられる大物が、そう簡単に見つかるのでしょうか?

でもまあ、彼がもういやになってしまった気持ちも理解できます。

それくらい、ここ最近のブレグジット関連のゴタゴタは、見苦しい。

みんな、ボリスに文句タラタラですが(まあ、それは理解できるのですが)、野党も大概見苦しいと思う。

野党が出したEU離脱延期の法案が通って、対抗してボリスが総選挙の早期実施の法案を提出。

総選挙って、ずっと労働党の党首、ジェレミー・コーバンが要求していた事だから、ワタシはすっかり、総選挙になるものだと思っていました。

そして、まあ、それもいいんじゃない、と思っていました。

ワタシが思うに、大半の英国民は、総選挙に賛成だと思います。

離脱派も残留派も。

総選挙に関しては、反対する国民はいないと思う。

なのに、この期に及んで、野党は総選挙を否決したんですよねえ。

自分から建設的な案を出すわけでもないのに、内閣の出す案には、なんでもかんでも「ノー」しか言わない。

あんたらは、二歳児か!

という感じです。

このタイミングでの総選挙のチャンスを蹴った野党連合は、なにがなんでも10月31日の合意なき離脱を阻止したくって、時間を稼ごうとしているわけです。

もし、10月中に総選挙して負けちゃったら、合意なき離脱になってしまう可能性がぐんと上るので。

逆に勝ったら、合意なき離脱を阻止できるのに。

その賭けをやるガッツがない。

そこらへんが、ジェレミー・コーバンの根性ナシな所というか、パッとしない所というか、カリスマ性のない所なんだと思う。。

でもこれは、労働党だけではなく、野党連合の総意のようですので、ジェレミー・コーバンだけを責めてはいけないかもしれませんが。

10月末の合意なきブレグジットは、起こりそうか起こらなさそうか。

まだまだ、先行き不明です。

11月以降のホリデーの予約ができなくて、困っているワタシです。

手堅く、トルコとかにしてみようかなあ?(トルコって、まだEU加盟してないよね?)



40歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村

Saturday, 7 September 2019

外貨建て資産を持つと、キャッシュフローの計算が突然ややこしくなる

ワタシの現在の家計管理法は、バランスシート管理のみ。

つまり、家計簿ではなく、貯蓄簿をつけているのです。

昔はちゃんと家計簿をつけていたのですが、なんか面倒になっちゃって。

長年、家計簿つけてきたので、自分の支出パターンが大体分かってるので、細かい使途別の管理は、もう特に必要なくなったというのもあります。

で、どうやっているかと言いますと、銀行口座別に、出金入金を記録して各口座の残高を確認し、それを合計した資産の推移をモニターしているのです。

入金に関しては、給与収入や利息収入など、インカムについては分かるようにマークしておきます。

そうすると、自然とその月の支出がでてきます。

つまり、毎月の資産の残高というのは

前月残高

+ 収入
ー 支出

今月残高

という風に構成されていますので、各月の月末残高と収入額を把握しておけば、支出額は計算できるわけです。

ちなみにワタシの場合、毎月のこの計算にクレジットカードの口座を含んでいないので、ここで計算された「支出」は、損益計算書的な「支出」ではなく、キャッシュフローの「アウトフロー」となります。

クレジットカードの口座を含んでこの作業をおこなうと、ここで算出される「支出」は損益計算書的「支出」となります。(キャッシュフローとは異なる数字)。

クレジットカードを使うと家計管理ができなくなると言う人は、この二つ、つまり損益計算書的「支出」と、キャッシュフローの「アウトフロー」が、頭の中で区別できていないからなんですね。

まあ、それは置いといて。

こんな風に、とても簡易的な貯金簿でざっくり家計管理を行っているワタシなのですが、一つ悩み事があります。

それは、外貨の資産をどうするか。と言う事。

外貨建ての資産を組み込むと、キャッシュフローの計算が突然ややこしくなるんです。

外貨建て資産を総資産に組込む場合、外貨資産をメイン通貨に換算する必要があります。
換算するための為替レートは、まあ、毎月月末のレートをしようするとしましょうか。

そうして、外貨建て資産をメイン通貨に換算した場合、たとえ外貨建て資産額に全く変動がなかったとしても、為替相場の変動によって、換算後の評価額は変動してしまうのです。

一円も入ってきてないし出て行ってもいないのに、メイン通貨に換算すると、増減してしまう。為替による含み益(含み損)ですね。

なので、

前月残高

+ 収入
ー 支出
+/- 為替による影響

今月残高

という、1ステップを余分に入れなければなりません。

外貨建て資産額に変動がない場合は、「換算後の変動額」=「為替による影響」となるので簡単ですが、外貨建て資産額自体も変動している場合は、純粋な変動額と為替による影響とを分けてやらないといけません。

そのためには、前月残を今月の為替相場で評価しなおして、資産の増減による変動を求めわけですが。。。あああ。メンドクサイ。

なのでワタシは、普段の貯蓄簿モニターでは外貨建て資産は計算に入れないことにしております。
年に2回、家計の棚卸しをする時にのみ、外貨建て資産の再評価を行う事にしています。

なぜ突然、こんな寝言みたいな事を書き始めたかといいますと、ブレグジットに係るゴタゴタで、最近、英国ポンドが急落しているからです。

つまり、我が家の外貨資産の評価額が上ってるんですね。

とは言っても、我が家の資産の80%は英国ポンド建てなので、ポンドが下がるっていうのま全くもって嬉しいオハナシではないのですが。

40歳代ランキング

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
にほんブログ村